平均品質スコア

6/17はリスティング広告の打ち合わせでした。
リーチローカルさんから資料をもらい、この1ヶ月のレポートを精査します。

最近の弊社の課題は、「平均品質スコア」の改善。

ご存知のように、リスティング広告は品質スコアによってクリック単価、掲載順位が左右されます。
最大が10ですが、弊社は4~5のあたりで留まっています。

これを何とかできないか、というのが本日のテーマでした。

弊社は梱包発送、内職作業に特化している会社なわけですが、「梱包発送」、「内職作業」で検索したページが、これらの内容と余りマッチしていない、というのが原因のようです。
(厳密には、検索結果で表示されたリスティングから飛ぶページ)

簡単に言うと、ラーメン屋を検索してHPに来たのに、うどん屋だった、みたいなことです。

弊社のサイトは、3年位前にリニューアルしたのですが、その際のコンセプトとして、「各ページの文章量はできるだけ抑える」「梱包作業の発注など、直接お問い合わせいただいて受注に結び付ける」としていました。

そのためこの現象は避けられません。

ただ、今回の打ち合わせの中で、「梱包発送」「内職作業」「配送業務」の弊社の3本柱のうち、「配送業務」の品質スコアが極端に低いことがわかりました。

「これが足を引っ張って、平均を下げているのでは」ということで、しばらく「配送業務」の広告を止め、「梱包発送」「内職作業」の2本立てにして様子を見よう、という結論になりました。

また、リスティングからのランディングページに、このブログへのリンクを貼ってみました。
そうすることで、訪問していただいた方に、弊社の業務内容が少しでもわかれば、と思います。

効果があるのかどうか、結果が出るまでは数ヶ月かかると思いますが、こういった細かいことの繰り返しで、がんばっていきます。