進化していく配送システム

こんにちは、夏も冬も大嫌いな小林です。

ドライバーが不足しているので、今日は配送関係で新しい協力会社の方と顔合わせをしました。

その会社はアナログ手配も可能ですが、全てデジタルで完結できるように専用のアプリにより細かな時間、距離、配送内容、注意事項、GPSによる現在位置などを調べられるようになっております。

実際に操作している所を見せてもらいましたが、ドライバーが納品完了になるとアプリ地図上で「空」の表示がでます。地図上の空ドライバーの中でどのドライバーが新しい仕事に一番距離が近いかリアルタイムで直ぐに見つけられるのです。また、GPSを使ったシステムにより、目的地500m以内に入らないと次工程の処理ボタンが押せないので、納品完了していないのに空の表示になっている…なんて事はありません。

私の配車方法はアナログなのでドライバーに確認の電話をしなければなりませんが、このシステムならば確認せずとも直ぐに依頼できますし、お客様に細かな時間まで伝えることができます。便利ですよね。

将来、デジタルな配車が当たり前になる日が来るかもしれないですね。

協力会社だけではなく、元気があってやる気のある個人事業主のドライバーも募集中です!!